Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「ひとつになって業績向上」を実現する秘訣とは? 活躍人インタビュー

ブログ

「ひとつになって業績向上」を実現する秘訣とは? 活躍人インタビュー

※今回は特別編としてインタビューしていただいたものをお楽しみください。

 

【活躍人インタビュー】

オフィスオントロジー 代表 友成治由 様

「経営陣と社員がひとつになって業績向上は、考え方ひとつで実現できます。」

そう語る友成様。中小企業の経営者と社員の意識がひとつになり、それがまた業績アップにもなるという「意識変革業績向上」のコンサルティングや研修をされています。組織活性や人材育成という「人材」面が、業績アップという「売上・収益」面につながるという、他ではなかなか見かけないお話。その秘訣やコツを今日はお伺いしたいと思います。

オフィスオントロジーの感想を拝見すると、

「とにかくわかりやすくて、すぐに実践できる」

「私がやりたくてたまらない!!と思えるようにしてくれました!」

「勇気づけられた。価値をつける仕事を提案できるようになった」

など、ぱっと前が開けたような明るい変化の言葉が多いのが特徴ですが、このあたりから聞いていきましょう。

目次

どうしてひとは正しいことを言われても変わらないのか?

記者:こんにちは。お忙しい中ありがとうございます。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

代表:こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

記者:早速ですが、コンサルティングや研修などのお声をお聞きすると、「わかりやすい」とか「やりたい」「勇気づけられた」とか、そんなぱっと前が見えたような感じの感想が多いですね。

代表:ありがとうございます。こういった声がわたしのやる気のみなもとで、また、個人的にはこのような声を目指してやっています。わたしは、コンサルティングでも研修でも、その本当のゴールは、その方自身がやる気を出して、知恵や工夫がどんどんわいてきて、イキイキワクワク進んでいくことだと思っているんですね。だって、その方々自身がイキイキ経営したり仕事したりできなかったら、人生の大半を過ごす仕事というもの、なんのためやってるんだ、ということになりますから。やっぱり、やるからには、自分自身の会社や仕事ってこんなにすごいんだ、おもしろいんだってそう思ってもらいたいんですね。だから、そういった意味では、わたしの仕事は、「みなさんは、本当はすごいんですよ」って伝えてるだけかもしれません。

記者:なるほど。普通、コンサルティングや研修というと知識をもった先生が専門的な方法を教えてそれをやらせる、というイメージがありますが、そうではないと?

代表:もちろん、バックボーンは専門知識もあるのですが、それを、「やらせる」ではなく、いかに「やりたくなるか」だと思っています。

記者:「やりたくなる?」というと?

代表:はい。わたし自身、これまでのコンサルティングや研修に不満を感じていました。たとえば、ある先生にアドバイスを受けたとします。もちろんその内容は正しいものだったとしても、どうしてもやる気にならない。そんなとき、そのアドバイスをやらない相手が悪い、ということになりがちです。すると出てくるのは「あのひとはわかっていない」「何度言っても変わらない」「まず行動しないからダメなんだ」などですね。いまもよく見かけます。

記者:コンサルタントや研修講師の先生だけでなく、社内でもよくありそうですね。社長と社員、上司と部下とか。

代表:そうですね。いろんなところでよく見かけます。本当はどちらもよくなりたいと思っているはずなんです。でも、なかなかそうならないのは、それってどこかボタンの掛け違いがあるんじゃないか? それがわかればみんな幸せなんじゃないか?ずっと思っていたんですね。

記者:と、いいますと?

代表:「正しいこと」だけでは人は変わらないんじゃないか?と。考えてみれば、会社であれば「お客様に誠実に」や「向上心をもって」などビジネスとしてよく言われていることも、そういったことは、すでにみんな知っているわけです。子供のころからいままで、はじめて聞いたというひとはほぼいないでしょう。だから、知らないわけではない。でも、まわりから見れば、わかっていない、と言われる。なんなんだ、これは。

記者:言われて見れば、たとえば「愛」という言葉などは、2000年以上前から言われててわたしも知っているわけですしね、、、でも人類に、いやわたしにか、「愛」のトラブルは絶えない(笑)

代表:(笑)。でも、もうひとつ振り返ると、わたしもそうですが、わたしは当時の社長直々に「一番できない新入社員」と呼ばれていました。もう、新人研修の講師の先生からもあきれられたくらい。

記者:え、そうなんですか?

代表:はい。ただ、実はいえば、わたしが変わったのは、一瞬だったんです。新人時代、いまふりかえると小さな簡単な仕事をしていました。でも当時のわたしからすると大仕事。うんうんうなる大変な仕事。それをやっていたとき、ふとそれを見た先輩が「この仕事がお客様の役に立って、お客様のお客様にも役に立って、こうやって日本を支えているんだよなあ」とつぶやきながら去って行ったんですね。それを聞いてわたしは、一瞬にして「自分の仕事の意味」がパーっと開けて見えたんです。よくビジョンが見える、と言いますが、そんな感じですね、目の前に広がった。そこからわたしの仕事への意識は変わりました。その後は、プロフィールに書いてあるような実績を上げるまでになれたのですが、その「一瞬」がこのときだったのです。

記者:おおー、そんな経験をされていたのですね。

代表:つまり、わたしたちが変わるときは、一瞬なんですね。何かがわかり、わかった瞬間、それをやりたくてしょうがなくなる。そうなったら、もうあとは、自動成長まっしぐらです。もっとできるようになりたいと思いますから、自分でどんどん勉強もします。だからさらにできるようになって、やる気もまたわいてくる。そんな好循環ができます。そうしたら仕事がおもしろくてしょうがない。やればやるほど見えてくる世界が広がってくるんですから、「やりがい」ってこういうことなんだなあって。

記者:ああ、確かに。「あのときがわたしのきっかけだった」って一瞬、あります。

代表:「ひとは正しいことでは変わらない、やりたくなったときに変わる」んですね。誤解のないように言いますが、正しいことが悪いんじゃなく、正しいとやりたいは別ものですよということです。念のため。そして、やりたくなるときというのは、「本当に意味がわかった」ときです。「意味がわかる」というのがミソなのですが、「本質的なものが自分のものになった」瞬間といえばいいでしょうか。

記者:「本質的なものが自分のものになった」…。すこし難しいですね、他にいいかえるとどんな感じですか?

代表:はい、わたしの場合ならば、仕事というものが、わたしが望む人生にとって、どんな意義や重みをもつものかが自分で実感できた、ということですね。わたしは仕事に、生活手段というよりもやりがいを求めていたんですね。ただ、研修でやることはスキルのことばかりでしたので、意味を見失っていた。だからやる気も起こらず、「言ってることは理解はできる、でもわからない、やる気にならない」状態が続いていたんです。そんな中、先輩のつぶやきはわたしが本来望んでいたことにダイレクトに届く言葉でした。わたしの望む人生というベクトルにピシッと重なるつぶやきだったわけですね。

記者:なるほど…。理解するというのが教科書的なことであったら、「わかる」というのは自分自身の中で深い実感をともなうものなんですね。

代表:そうですね。本来の欲求とか思いとか、そういったものと重なることがなければ、正しいことは理解できてもわからない、だからやりたくないということになるわけです。
そう、だから、先輩のつぶやきは、わたしにとっては「わかる、やりたい」ものでしたが、他の社員にとっては右から左に流されることかもしれないんです。

記者:正しいからといって人は動かない、やりたくなるとき人は動く。

代表:わたしが、あるひとの言葉で胸に刻んでいることがあります。

記者:それはなんでしょうか?

代表:「ひとは変わりたくないのではない。ひとはから変えられたくないだけだ。」

記者:これは、刺さりますね…。変えられたくないときに言われることって、押しつけにしか聞こえないのはよくわかります。

代表:そうですね。だから、正しさの主張で人を変えようというのではなく、どうすればそのひとが変わりたくなるのか。そのひとのもっているものをどうしたら自分自身でわかるようにできるのか。自分からやりたい、変わりたいと思う伝え方やコミュニケーション。そういったことをいつも考えています。

なにが業績アップをもっとも邪魔しているのか?

記者:オフィスオントロジーは「ひとつになって業績向上」と掲げてらっしゃいます。こちらをもう少し教えてくださいますか?

代表:これ、もう根本的なところなんですが、業績アップもっとも邪魔しているものは、人間関係のまずさなんです。人間関係のロスが生産性のすごいロス。社内のコミュニケーションをよくするだけで、まず間違いなく生産性は上がります。10万人以上の社員がいて、数百のプロジェクトを抱えるGoogle社が、「チームの生産性にもっとも影響を与える要素は何か?」ということで全社調査をしました。結果もっとも影響を与えるものは、リーダーシップでもなく、マネジメント方法でも使うツールでもありませんでした。それは、心理的安全性だったのです。チームメンバー同士が、らしさを互いに認め合った関係で自然体ではたらけるかどうか、ということですね。

記者:ほお、そういう調査があるのですね。

代表:プロジェクト・アリストテレスというのですが、わたしはそれを知ったときのまっさきの感想は「やっぱり、そうだよなあ」というものでした。そう感じる人も多いんじゃないのでしょうか。そういう場がもっとも力を発揮できるって、子供時代からいままで、だれもが体験していることですよね。でも、なぜか会社ということになると、そんなあたりまえのことを難しく考えてしまう。その場に「いたくなる」かどうかをすなおに考えることかな、と思っています。その場にいると自分がイキイキできるのであれば、みんな自然と協力し合って力を発揮します。

記者:だから、「ひとつになって業績向上」だと。

代表:はい、もし、いま、活気がないな、業績が低迷しているなと思っていたら、いろんな管理をしたりツールをつかったりするよりも、そのまえにまずは、ひとつになりたくなる場をつくっていくだけで、営業でも業務プロセスでも、生産性はあがって業績は向上しますよ、と、もうこれは明確に主張できます。

「ひとつになって業績向上」の鍵とはなにか?

記者:そこのところでお聞きしたいのですが、代表は、「本質価値」ということが大切だとおっしゃっていますよね。ひとつになって業績向上のためには、本質価値だ、と

代表:そうですね。本質価値。なくてはならない大切にしたいこと、ですね。どうすれば会社をひとつにできるかが関心あるところだと思うのですが、これがその鍵になります。

記者:ひとつにするというと、経営理念を思い浮かべますが、それではないのですか? どう違うのでしょうか?

代表:ちょっと過激なことを言いますね。経営理念、もちろんいろんな経営理念がありますからおおまかに考えて、その経営理念だけ思い浮かべて「むちゃくちゃやる気が出る!」と思ったことどれだけありますか? どうにも抽象的なお題目に聞こえることもありませんか? 何の役に立ってるんだ、と。

記者:…まあ、本音をいえば、そう思ってしまうときもありますね。

代表:もちろん経営理念はとても重要です。経営理念は会社の大きな在り方をきめるものです。本来それにしたがって事業を行なう。国でいえば憲法のような位置づけです。ただし、それが重要であることと「それをやりたい」ということは別の話です。抽象的なお題目に聞こえる場合、経営理念ではそういっているのに、実際の経営者や社員の姿は全然違うよね、本当にその経営理念、やりたいと思っているのかな? と感じさせてしまいます。

記者:経営理念をやりたいかどうか。その視点ははじめて聞きました。

代表:本質価値って、そんな経営理念をやりたくなるような原動力のようなものです。経営理念は外にも表明するものですから、どうしても抽象的な言葉になります。そのために、もともとの「熱いエネルギー」がわかりづらくなっています。本質価値は、人間本来のじぶんたちとしてすなおに考えて、「それ、やりたい!」というコアなエネルギーです。
経営陣、とくに社長からすれば、「だから、会社をやりたいんだ」でしょうし、社員からすれば、「だから、この会社で働きたいんだ」でしょう。お客様の視点からすれば「だから、この会社とつきあいたいんだ」というものになります。
それがぐっと発展すれば経営理念やビジョンになる、というわけです。本質価値というコアなエネルギーがなければ、経営理念やビジョンは単なる抽象的なお題目になります。
経営理念が花だとしたら、本質価値は種子のようなものですね。
だから、経営理念と本質価値がつながっている会社は活気ありますしどんどん伸びます。ずれている場合は、、、おっと、ということになるんですね。

記者:たしかに、いろんな関係者みながその会社があることで幸せになるなら、活気もあるし、発展するということもイメージができます。お客様の視点、というのもおもしろいですね。

代表:本質価値は、価値ですから「やりたい、かかわりたい」ものです。お客様からしてもあなたの会社はつきあうねうちがありますよ、というものですよね。もともと営業職出身こともあり、業績アップのためには価値をいかに磨き伝えるかの重要性は身にしみています。本質価値というのは、お客様の視点までとおすことで、会社側の「やりたい!」というエネルギーと、お客様や社会の「この会社とつきあいたい!」というエネルギーが集う一点ということもできます。それをもとに、理念やビジョンだけでなく、商品力や提案力、サービス力などにまで展開して、世界でもここにしかないという会社になっていくのですね。

記者:代表のお話を聞いていると、「すなおな」や「やりたくなる」など、そういう言葉が多いように思います。通常、コンサルタントというと、もっと問題解決手法とか問題分析とか、まるまるシンキングみたいな言葉が出るようにイメージしていたのですが。

代表:多くの場合はそうかもしれません。わたしも実は好きな方でよく学ばせていただいています。ただ、それはあくまでも二次的なものだと思っています。使えるときに使おう、という感じですね。会社でもビジネスでも、人間がやる限りは、「人間のいとなみである」と思うからです。どんなにすばらしいと他人が言っていても、自分たちにとってやりたいと思うか、魅力的だと思って続けたいと思うか、そういうものがなければ、本当に本気でそれに取り組もうとは思いません。実際、コンサルティングや研修で教えてもらったことが、その後まったく根付かない、なんてことよく聞きませんか? 結局もとのまんまだって。

記者:よく聞きますね。コンサルティングや研修なんて、意味がない、なんてことも。

代表:わたしは、その言葉も、「すなおに」、また出てきましたね(笑)、受け止めたいと思っています。
ただコンサルティングや研修という専門職だけでなく、「人間のいとなみ」の場面ではあらゆるところで、そうだと思います。まずは「それ、やりたい」というフツフツとなるようなエネルギーがなければ、ひとは本当には動こうとしません。もし、何かの管理手法や懲罰制度で無理やり動かしたとしても、本人はやる気がわかないまましたがっているだけですから、モチベーションはどんどん下がって、生産性もさがって、結局会社全体のためにはどっちがよかったのか? なんてことになりかねません。
だから、「人間のいとなみ」であるからには、やる気であったり、意欲であったり、本音であったり、弱音であったり、生臭いけどもなんとかよく生きたい、という人間を見つめることがとても大切だと思っています。

ひとのやりたくなる意識をおこすベースは何か?

記者:そういえば、代表は哲学とか意欲心理学とかそういったものをベースにされているとお聞きしています。

代表:哲学、存在論といいますが、オフィスオントロジーのオントロジーは存在論の英語読みです。大学時代に専攻し、いまもベースになっています。ものごとをわかりたい「なんでそうなんだろう?」「なんでわたしがいるの?」というのは、これは子ども時代からありました。会社に入っても、一番できなかったり、失敗も繰り返したり、七転八倒だったわけですが、「売れるってどういうこと」とか業務に関することもそうですし、「会社にとって本当に大切なこと」ってなんだろう? そんなことをあれこれ考えていたわけです。
会社って給料をもらう手段だけの存在なんだろうか? みんながすごく活気があるとき、バンバン勢いにのっていたときってどんなときで、逆に沈んでいるときはどんなときかなあ。そこに共通することって何だろう。それでみえてきたものは、会社やビジネスも「ああ、そうか、人間のいとなみ」だと。
こういわれるとあたりまえに聞こえますが、でも普段だと、ついついビジネスとは‥‥、会社とは…、理念とは…、どうにも抽象的な、なにやら実体のない押しつけを自分たちでわざわざ探して自分たちを縛りつけていることに気づいたのですね。「よく生きたい」と思って仕事をしているのに、いつのまにか「よく生きたい」という本来の目的じゃないところで議論していると。

記者:うーん、そういわれてみると、確かに。もっとシンプルに考えてもいいのかもしれませんね。

代表:「人間のいとなみ」ってシンプルに考えると、解放されたように、いろんなものがつながってきますね。

記者:意欲心理学もそこから来ているのですね。

もともと会社勤め時代から独学し、独立後にメンタルケアの資格を取得して、実は定期家庭訪問をやったり市民センターなどのイベントで、一対一の対話によって心の弱った方々を勇気づけるというメンタルケアの活動も五年ほどやっていました。
また、コンサルタントの福島正伸先生に出会い、ひとをやる気にするという自立型姿勢やメンタリング・マネジメントなどを学ばせていただきました。そういうひとをやる気にし、みずから意欲を出すことにフォーカスしたものを意欲心理学と呼んでいます。そのご縁でドリーム・メンターとして夢や志で起業したり社会事業したりするひとたちの支援を今もしています。
そんな経験を通して、ひとというものは、ポッと心に火がついた瞬間に変わりうるものだし、「わかった!」のきっかけで、今の状態なんて関係なくとんでもない可能性を発揮していくものなんだなあということを実感しています。

記者:代表のお話を聞くと、わたしも何かできそうな気がしてきました。これから「ひとつになって業績アップ」、つまり「意識変革業績向上」に取り組もうとする経営者やリーダーへ、ひとつだけ、ということならば何からはじめればいいでしょうか?

代表:ひとつになりたくなる場をつくろうと決める、そのために本質価値に目を向ける、ということはお話しした通りです。そのためにも、ということで、ひとつだけあげるならば、

「わたしは、本当はどうしたい? どうなりたい?」

とご自身に問いかけることです。
いまの会社や社員の状態は関係ありません。ではなく、「本当は」「すなおに考えると」どうしたいか、どうなりたいか、です。
なによりも、ここが出発点ですね。

記者:最後に、ぜひメッセージをお願いします。

代表:「本質するってワクワク!」とぜひお伝えしたいです。ひとは、自分や自分たちの仕事の本質がわかり、それにふれたとき、もう、ワクワクがとまりません。やりたくてしょうがなくなります。そんな仕事や経営、人生を送れたら本当に幸せだろうなあと心から思っていますし、できます。わたしたちは「人間のいとなみ」の真っ最中ですから、ひとりでもふたりでも多く、ご自身の本質にふれてほしいなあと願っています。

記者:必要な方にこのメッセージが届けばと願っています。代表、本日はまことにありがとうございました。

代表:こちらこそ、ありがとうございました。ちょっと熱がこもりましたが(笑)、楽しい時間でした。

みなさま、いかがでしたでしょうか。

オフィスオントロジーでは経営者向け60分無料相談も行っていますので、必要な方はオフィスオントロジーサイトからご活用ください。

こちらをクリック

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧