Representative 代表紹介

Representative

HOME//代表紹介

友成 治由

代表 コンサルタント/
ドリーム・メンター
友成 治由

経歴

1977年
宮崎県生まれ
2001年
広島大学総合科学部を卒業
哲学「存在論(オントロジー)」を専攻
2001年
ベンチャー企業に入社
コンサルティング営業として第一線の現場およびマネージャにて活動
他新規開拓マネージャーや若手社員育成担当などを歴任
2012年~現在
オフィスオントロジーを設立
中小企業から大手企業、起業家支援から学生講師・講演までコンサルティング、研修、一対一コーチング、カウンセリング等で支援する。

オフィスオントロジー
代表 友成 治由 (Tomonari Haruyoshi)

人の意欲と価値でビジョン実現を、研修、個人セッション、コンサルティング等で支援

元上場企業トップコンサルティング営業。
哲学「存在論」専攻。
実践意欲心理学の専門家。

宮崎県出身。今もなまりはとれない。

【支援してきた経験】

■夢に挑む起業家たちの支援~「ドリーム・メンター」として

夢に挑戦するドリームプラン・プレゼンテーション世界大会や他起業家支援のメンターとして夢に挑戦する人を支援。さまざまな夢や思いを聴き、勇気づけをし、サポートし続ける。
300名以上の起業家、社会起業家、事業家などのプレゼンテーションや事業計画などを支援。「ドリーム・メンター」と呼ばれる。

「夢」をもつ人や企業は、日常が輝いています。
挑戦する心、人や社会を元気にしたいという意志が根底にあります。
今世の中にあるあらゆる人間のモノやコトは、すべて「誰かの夢」から始まりました。
夢に小さいも大きいも関係ありません。
「夢」を遠慮なく持ってもいい、そんな意思が、自分も人も元気にすると信じています。

■変革社員育成講師として

2012年創立以来、自立型マインドやコミュニケーション、価値伝達などをテーマに研修や一対一セッションで、「変革を担える頼もしい社員達を育てる」講師してきた。とりわけ、不安がありながらもマインドをつくっていく新入社員、若手社員、それを育てるリーダーたちの悩みに寄り添い続け、伝えながらも共に悩み、ともに歩んできた。

研修の満足度は96.5%以上。
経営メディア『経営プロ』にて執筆コラムも掲載など。
コラム「メンタリングで人や組織の可能性を引き出す」

■価値を伝道することで、実現へつなげる

中小企業から上場企業を果たした企業でコンサルティング営業。
13年中7度の売上NO1。トップコンサルティング営業として地域の中小企業からメガバンク・政府まで、小から大まで560以上の提案やプレゼンテーションを成功。同社歴代最高受注額達成および更新。その他、新規事業開拓部のマネージャーなど歴任。

■次世代支援

高校生向け「キャリアプレゼン」総合学習プログラムの講師や、大学生向けキャリア講座の講師など、未来の世代に「大切なことをみずから考えていく大切さ」を伝え続ける。

人の思いを大切に、本質を大切にすることが最重要であることが身に染みています。
自己や会社の本質を探究するあり方・面白さ・成長・自分や世界が広がり深まっていく喜びなどを、日々伝えています。

【土台とする専門領域】

■「哲学存在論」による「存在の意味」への向き合い

「存在論(オントロジー)」専攻。
存在の意味とは何か、人の意味とは何か。
ハイデガー存在論、現象学を中心に、ひとという存在の在り方、構造やその条件を研究。
以来、現在まで25年以上、人と存在の意味に向き合ってきた。

■「意欲心理学」による意欲への向き合い

メンタリング・マネジメント、カール・ロジャーズのメンタルケア心理学、フランクルの意味心理学により意欲の源泉に向き合う。内からわき出る人のやる気、勇気。それをどう引き出し、どう自立的な行動へと導くか。

5年間にわたり一般財団法人メンタルケア協会の「精神対話士」としても活動。
一対一での家庭訪問、市民メンタルケア相談員も歴任。
人の意欲に内から見つめ、聴き・対話し、心のケアや勇気づけ支援などを行ってきた。

【ポリシー】
・本質にふれたとき、ひとはもっとも輝く
・本来のものを引き出し、活かす
・本質はかならず形になる
・聴く、共感する、感動する
・可能性は今ここから、いつでもある
・人は相互の存在に敬意を持ちながら、喜びあうために出会う
・どんなときでも、目の前の人の未来を信じぬく
・勇気を与えることには、100万倍の価値がある
・やっぱり「明るく楽しく前向きに」

【趣味】
将棋が趣味。中学生のときから羽生善治氏のファン。大学では将棋部に所属し、社会人になっても将棋大会などに出場する。最近の子どもたちの強さに、対戦相手として頭を抱えている。

専門家ネットワーク

各種パートナー 専門家ネットワーク

課題や局面に応じ、専門家ネットワークを活用。パートナーコンサルタントやパートナー専門家とも協力しながら、貴社の課題解決にあたります。