Special Contents 社員一体化で会社変革3ステップ

Special

HOME//社員一体化で会社変革3ステップ

気持ちがひとつになり<br />
意欲と価値で会社成長

気持ちがひとつになり
意欲と価値で会社成長

3つのポイントを実践
人の力をひとつにする方法

あなたの会社の取り組みのヒントとしてご利用ください。
きもち一つになって会社を伸ばす。
3つの不可欠なポイントがあります。

  • やる気でひとつにならない
    3つの原因と、その対策

    やる気でひとつの会社にする。

    そのプロセスにおいて、犯しがちな間違いがあります。

    ①一時的なモチベーションアップに依存する
    一瞬だけ気持ちを盛り上げても、冷めた後には反動がきます。
    「長く続くやる気と一体感の元をつくる」のが重要な考え方です。

    ②管理手法やツールに依存する
    管理手法やツールは、やる気と一体感が出て始めてから使うものです。
    順番を間違えると「閉塞感」を感じ、かえって雰囲気が停滞してしまいます。

    ③「こうあるべき論」「ビジネスとして正しい論」ばかりになる
    人は「正しい」からやる気がでるのではなく、やる気が出るから「正しいことを聞ける」ようになるという心理の順番があります。順番を間違えると「やらされ感」「押しつけられ感」で蔓延します。
    社員からの「反発」「無気力」「現状維持」が如実に現れます。

    まずは「やる気」、そして「正しいこと」が順番です。

    「軸のズレ」を認識し、ひとつになる

    「軸のズレ」を認識し
    ひとつになる

    気持ちがひとつにならない原因は、経営者や社員同士が大切にしている軸がズレていること=「軸ズレ」にあります。

    お互いの「軸ズレ」は、ギャップ、誤解、ときには軋轢を生みます。

    軸ズレ。
    ほとんどの会社の人間の問題はこれです。
    そして、これほど軽視されていることもありません。

    たとえば社員の立場では全体はわかりません。
    すると部分での仕事や考え方に終始してしまいます。
    そのような状態で「上」から指示指導ばかりになると、「やらされ感」が高まり、意欲の低下を引き起こします。

    このような事態を防ぐためには、経営者と社員との間に、お互いのやる気がわき出る、同じ「ひとつの軸」を共有することが大切です。

    「ひとつの軸」だからシンプルでわかりやすく、力強く共有することができます。

  • 「個人分裂型」ではなく「相互支援型」
つながりこそが価値

    「個人分裂型」ではなく「相互支援型」
    つながりこそが価値

    たとえ個人がパフォーマンスがよくても会社全体の業績にならない。
    それは、それぞれが目先や自分だけ視点で行動することによる「個人分裂型」が原因です。

    会社の価値は「つながり」でうまれています。
    全員が有機的につながるからこそ、「会社としての」価値が生まれてきます。

    「つながり」こそが会社の価値の源泉です。

    ここでの重要キーワードは「相互支援」。
    ひとりの仕事の目的(夢)を他のみんなが支援し、応援し合う。それによって、全員の目的が実現する。

    社長の仕事を、社員全員がさまざまな役割で支援する。
    営業の仕事を、社員全員がさまざまな役割で支援する。
    製造の仕事を、社員全員がさまざまな役割で支援する。
    事務の仕事を、企画の仕事を、上司の仕事を、部下の仕事・・・社員全員がさまざまな役割で支援する。

    顧客の幸せを、社員全員がさまざまな役割で支援する。
    ひとりの社員の家族の幸せを、他の社員全員がさまざまな役割で支援する。

    全員が全員でつながり、励まし、支え合うことで、会社全体がどの会社にもない価値をもち、業績向上にもつながっていくのです。

    本質価値を中心にして、全員でつなげて回すことで会社全体の価値は加速度的に増大していきます。

  • 継続的な組織学習
スパイラル的に強くしなやかになる

    継続的な組織学習
    スパイラル的に強くしなやかになる

    せっかくの組織活性化の取り組みが根づかない。
    それは「ひとは学習しつづける中で成長するもの」という意識が薄いことにあります。

    一時の目標達成を目的としてしまうと、一時的な成果だけで終わりがちです。
    「そこからどんな学びを得られたのか?」
    が大切です。

    経営理念の現実化が最終目的です。
    目標達成はあくまでも通過点。

    だからこそ目的へ近づいているのか?
    いつでも振り返りながら、意味に落とし込んでいく継続的な取り組みが必要です。

    探究しながら全員で成長する。
    「わたしたちとは何か?」いつも考えられる社風をつくることが重要です。

    組織学習とは、外部から知識やノウハウを勉強することでも、権威者や専門家の話を聞くことだけではありません。それらは、円グラフの中では少ないパーセンテージしか持ちません。

    では「組織学習」とは何でしょうか?

    組織学習とは、自発的な「意味」の深掘りのプロセスです。

    日々現場で起こる問題。それらをただ解決して良しとするのではなく、自分たち自身で

    「問題から得られるテーマは何か」
    「問題を生んだ根本的な問題は何か」
    「目先だけではなかったか?」

    そのようなことを「意味レベル」で継続的に深めていくことです。

    そうすることで洞察を得られ、根本問題解決、人格的成長、学びの促進、やる気や一体感の継続強化へとつながるでしょう。