Special Contents 社員の力で会社成長するステップ

Special

HOME//社員の力で会社成長するステップ

心がひとつになり<br />
意欲と能力発揮で会社成長

心がひとつになり
意欲と能力発揮で会社成長

3つのポイントを実践
人の力を結集する方法

心がひとつになって意欲と能力発揮で会社が成長するために、3つの不可欠なポイントがあります。このポイントを意識することで、貴社での取り組みの方針がわかりやすくなり、たしかな成果を生み出します。

  • 会社の可能性を妨げる
    3つの原因と、その対策

    「会社がひとつになるプロセス」おいては、一時的なモチベーションアップや手法、ツール・制度などの導入に依存するのは危険です。なぜならば、ひとは表面的なもので振り回されることに気づくと、そこに「あきらめ」「おそれ」「皮肉」などがうまれてくるからです。
    継続的で根本的な取り組みにするためには、社員が「どうしたら本質的な意欲と行動を引き出したくなるのか」を見すえることが大切です。
    そのために経営としてもっておくわかりやすい方針や、成果を実感しやすい取り組みが重要となります。

    「軸のズレ」を認識し、ひとつになる

    「軸のズレ」を認識し
    ひとつになる

    気持ちがひとつにならない最大の原因は、それぞれが大切にしている軸がズレていること=「軸ズレ」にあります。

    欲求や関心の軸ズレによって、社員の立場からは全体が見えなくなり、部分ごとの仕事や考え方に終始してしまいます。そのような状態で「上」から指示・指導をしつづけてしまうと、「やらされている感」「無意義感」が高まり、意欲の低下を引き起こしてしまいます。

    それが続くと会社の思いの核である「本質」を見失い、ときには毀損してしてしまいます。

    このような事態を防ぐためには、経営陣と社員の意識を同じ方向に向ける「ひとつ」が重要です。「あれもこれも」と付け加えるのではなく、たったひとつを核にすえ、そこから展開していきましょう。「ひとつ」のシンプルさ・力強さが、意識と価値の集中に最も有効です。

    オフィスオントロジーでは、あなたの会社になくてはならない、あなたの会社だからこその大切な「ひとつ」を「本質価値」と呼びます。その浸透と共有は、意欲と価値の源泉となります。
    本質価値を社員の育成や共有ビジョンに展開することで、経営陣と社員が結びつく意識軸・行動軸をつくります。

  • 「部分現象型思考」を脱却
サイクルをつなげて回す

    「部分現象型思考」を脱却
    サイクルをつなげて回す

    社員の行動が業績向上に結びつかないのは、一面的で部分なのことのみに集中してしまう「部分現象型思考」が原因です。
    部分だけを足しても、全体の価値にはなりません。
    「つながり」こそが価値であり、「業績向上」の源泉です。本質価値という核を中心に、社内や社員たちの仕事の要素をつなげていくことで、一枚の絵のように、会社としての全体の価値となります。

    オフィスオントロジーでは、本質価値を車輪の軸としてとらえ、「意欲心理」「強み資産」「顧客価値」をつなげて輪とし、回しつづけます。これを「本質価値サイクル」と呼びます。
    大切なのは、本質価値という一貫性を持って、つなげて回すこと。回すことで価値は加速度的に増大していくからです。

    社員が本質価値で気持ちをひとつにし、みずからが役割となってつなげ、継続的に回しつづけられるよう、思考と行動をサポートいたします。

  • 本質探究による組織学習
継続的に組織学習を行う

    本質探究による組織学習
    継続的に組織学習を行う

    せっかく実施した社員活性化や業績向上の取り組みが社内に根づかないのは、「ひとは学習しつづけるなかで成長するもの」という意識が薄いからです。
    組織学習とは知識やノウハウを勉強することでも、権威者や専門家の話を聞くことでもありません。では「組織学習」とは何でしょうか?

    組織学習は、日々現場で起きる問題を解決するだけでなく、自分たち自身で「問題から得られるテーマは何か」「問題を生んだ根本的な問題は何か」といったことを振り返り、「知恵レベル」で継続的に深めていくことです。そうすることで新しい洞察を得られ、継続的な組織的・人格的成長、モチベーションの高まりやスキルの発露につなげられるでしょう。

    オフィスオントロジーでは、社員様の意欲や自発的な創造性を促すファシリテーションを通じ、本質思考を深めていきます。具体的には「ダイアログ」「本質会議」などを行い、社内で社員様が継続的に取り組めるようなワークを実施。それらを仕組みや社内文化として定着させるよう、サポートしてまいります。