Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//もっとも役に立ったと言われた問題解決アドバイス

ブログ

もっとも役に立ったと言われた問題解決アドバイス

目次

問題解決の魔法の言葉

差し迫った問題やピンチが生じたときに
どう対処していけばいいのでしょうか?

何とかしたい。
でもどう解決していいのかわからず、
あせりばかりが大きくなって、心まで疲弊してしまう。

いろいろな問題解決法があります。
わたしもできることならば
スマートな解決法をアドバイスできるコンサルタントと思われたい・・・

そう願ったりもしますが、
これまでわたしがしてきた問題解決アドバイスの中で、
もっとも相談者に役に立っているのはコレのようです。

実際、わたしも差し迫った問題に立ち向かうときには、
つねにコレを自分に言い聞かせて取り組んでいます。

相談者から問題解決へのアドバイスを求められるとき、
かつては、いろんな問題解決手法をアドバイスしていました。

書店をのぞいてみても、ネットを見ても、
「問題解決」に関するコンテンツは山ほどあります。

もちろん知識として大切で重要なものもたくさんありますけれども、
実際に問題に立ち向かうにあたっては、コレを意識していなければ
役に立てることができないこともわかってきました。

とくに差し迫った問題の場合は、やはり“あせり”が先にあります。

あせりがあせりを生み、
どんどん問題が複雑になってしまうように思えて、
またあせってしまうことは、あなたもありませんか?

もちろんわたしもあります。

そんな自分でも他者からの相談でも体験を経て、
問題解決とは、なによりもまず、
この“あせり”や“おそれ”に対処することに気づきました。

そして、アドバイスするようになったこと、
それは、

「ひとつひとつ」

という言葉です。

「ひとつひとつ、考えていきましょう」
「ひとつひとつ、やっていきましょう」
「ひとつひとつ、越えていきましょう」

どんなに複雑で差し迫った問題であっても、
結局のところ解決するには、
ひとつひとつを積み重ねるしかありません。

“あせり”や“おそれ”がある状態のときは、
問題がまるでモンスターのように巨大なバケモノに見えてきます。

だからこのモンスターを一挙に一撃で倒せなければ
自分がやられてしまうという強迫観念にかられます。

しかしこんなときに、

「ひとつひとつ」

という呪文を唱えてみると、
巨大なモンスターもひとつひとつの小さなスライムが
集まっただけのように見えてきます。

「あれ、モンスターって、実はスライムだけだったの?
このスライムを一匹ずつ倒していけばいいのだ。」

こう思えたら、もう問題解決は、
半分以上成功したようなものです。

複雑で巨大だったものが、実は小さなものの集まりで、
ひとつひとつは自分の手に負えるものだとわかったときの
この安心感!

かつてお客様先に納品した製品に大きなトラブルが
あったときも、手が付けられないように見えても、
やっていくのはひとつひとつしかありません。

まずトラブルをすべて洗い出そう。
そしてトラブルによってどんな影響があるか全部洗いだそう。
そしてトラブルを重たい順から並べよう。
そしてトラブルを重たい順から対応していこう。
解決が見えたら、二度と起こらないように手をうとう。

やっぱり

「ひとつひとつ」

なのですね。

「ひとつひとつ」

それはなによりも自分の中にある
“あせり”や“おそれ”を小さくし、
心を落ち着かせることができます。

そして、問題をできる限り小さくし、
手がつけられるようにしてくれます。

急な問題やトラブルが起こった時には、
深呼吸をして、

「ひとつひとつ」

呪文のように言い聞かせてみてはいかがでしょうか?

わたしに相談したときに、

「ひとつひとつ」

と言われたら、ニヤっと笑ってくださいね。

こちらをクリック

P.S.

問題解決法のトピックをこれからも
ブログでお届けしますので
お忘れないようブックマークしてくださいね。


問題解決力を高める研修をお探しなら
ご相談ください。
↓↓↓

執筆者紹介

オフィスオントロジー
代表 友成治由
組織活性化・人材育成コンサルタント
ベンチャーから上場実現企業でのトップコンサルティング営業から意欲心理学をベースとした組織活性化・人材育成へ。
本質価値意識による本質価値思考、価値創造、モチベーションアップで人材育成や会社業績向上を支援。
ほんらいの力を発揮できるように、なじみやすく、わかりやすく、勇気を出せるように。
宮崎県出身。今もなまりはとれない。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧