Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//薔薇ロードのブラ散歩で人材育成を考えた

日常・つぶやき

薔薇ロードのブラ散歩で人材育成を考えた

目次

薔薇ロードを散歩する

ゴールデンウイーク真っ最中ですね。

この時期が好きです。

連休だから?

いえいえ、それもそうですけどね。

「薔薇の季節」だからです。

近所の普通の公園に、わたし曰く「薔薇ロード」があります。

運動場もあるちょっと広めですが、普通の公園です。
晴れた日には近所の子供たちの声がにぎやかいっぱいです。

その外周は散歩したりランニングできるようになっているのですが、
そこに「薔薇のトンネル」があるわけですね。

この写真の部分だけじゃないですよ。
外周のあちこちにこの薔薇のトンネルがあります。

本当に、色とりどり。

また、薔薇の香りがふわっと匂ってきて、
冗談抜きで、夢の世界に入っている感覚です。

植物園でお金を払わないとみられないような
実に華やかな薔薇の数々。

そんな花々を
日常の、身近な、ふつうの市民公園で
楽しむことができるのですから、
「贅沢だなあ」とうれしくなります。

「薔薇ってこの時期に咲くんだ…」

そう教えてくれたのがこの公園。
毎年、この時期が来るのが楽しみでしょうがありません。

薔薇を植えたひとたち

薔薇の華やかな姿と、
ふわっとした匂いで毎年思うのです。

「薔薇の公園にしようとおもった人がいて、
まいとしこれを手入れしてくれている人がいるんだよなあ」

誰が企画して、デザインして
誰がメンテナンスしているのかもわかりません。

自分は目立たずとも、
毎年たくさんの人たちをよろこばせているこの方たちは
実に尊いなあと感じます。

神社の大木もそうですし、
樹齢何百年の桜もそうですし、
山や海や森を守っている方もそうですし、
日本には、こういった方々がたくさんいますよね。

自然や環境づくりだけでなく、
思いをこめて製品をつくったり、
工夫を凝らしている方々もそうです。

若いときは気づきづらいですが、
年を取るごとに、
こういった国で育てられてきたのだと
感慨に浸ってきます。

人材育成というものをやっていますが、
知識や理論を教えることも、まあ、大切でしょうが、
こういった方々の存在を気づかせるということの方が
より重要のように思います。

若いうちはどうしても、
スポットライトが当たることに目が行きがち。
功利的で即効的なところに目が行きがち。

もちろんそれらは、
はじめに仕事を覚えて一人前になるための
スキルを身に付ける上で重要でしょう。

ただ、同時に、

「本質的にひとによろこんでもらう」

ってどういうことかを、
こういった「見えない方々」に気づかせることで
その深い感覚を養っていくことも必要だと感じます。

彼らも、近い将来、
そんな尊いひとたちになっていくのですから。

わたしは、、、なんでしょうね~

知らず知らず続けていることが、
もしかして本質的によろこんでもらっているのかもしれません。

うーん…、と考えつつ、

ま、今は、せっかく気づかせてくれたこの薔薇の季節を
めいっぱい楽しむこととします。

こちらをクリック


P.S

日常からの気づきのトピックを
これからもブログでお届けしますので
お忘れないようブックマークしてくださいね。


若手社員のための
日常から本質的に考えていける人材育成には
オフィスオントロジーの研修があります。
↓↓↓

執筆者紹介

オフィスオントロジー
代表 友成治由
組織活性化・人材育成コンサルタント
ベンチャーから上場実現企業でのトップコンサルティング営業から意欲心理学をベースとした組織活性化・人材育成へ。
本質価値意識による本質価値思考、価値創造、モチベーションアップで人材育成や会社業績向上を支援。
ほんらいの力を発揮できるように、なじみやすく、わかりやすく、勇気を出せるように。
宮崎県出身。今もなまりはとれない。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧